面接をする時の心得。

面接をする時の心得。
面接をする時の心得。

面接で自分の短所を伝える

PAGETITLE
面接では自分の短所を言わなくてはならない場合も出てきます。そのような場合は短所だけを答えるのではなく、自分がその短所を改善するために、どのような取り組みをしてきたのか、または今現在取り組みをしている最中なのかを混ぜて話をするようにしましょう。自分の短所だけを言ってその質問の回答が終わりになってしまうと、自分を変えるための努力をしていないと考えられてしまう事が多くなります。少しでも改善したいと考えていて、努力をしている回答をすると、仕事でも悪い部分を見つけて改善してくれるのではないかと、考えてもらう事ができます。

面接で自分の短所を聞かれた際に、短所が無いと答える事は絶対に行わないようにしましょう。誰にでも他の人より劣ってしまう部分はあります。短所が無いと答えてしまう事によって、自己分析をする事ができていないと思われてしまいます。自己分析を出来ていない方を会社に入れてしまうと、会社の中の雰囲気が悪くなってしまう事が多いので、不採用にされてしまう事もあります。あまりにも短所を言い過ぎるのも良くないので、多くても2つ程度にして、改善するために努力している方法と一緒に伝えると、しっかりとした回答になります。
Copyright (C)2017面接をする時の心得。.All rights reserved.