面接をする時の心得。

面接をする時の心得。
面接をする時の心得。

面接で職務経歴を話す場合

PAGETITLE
職務経歴を話さなくてはならない場面が面接には多いです。職務経歴を話す場合は、面接官の方に自分を採用するとメリットがあると言う事を伝えるようにしましょう。職務経歴を話す際に、自分が前職でどのような活躍をしてきたのかを混ぜてみると良いです。前の会社では営業成績がトップだった、または営業の成績が目標の金額を超えていたなどを、相手に伝える事によって、能力が高い人だと考えてもらう事ができます。また営業以外の仕事をしてきた方は、どんな部署でどんな仕事をしてきたのかを話してみると良いでしょう。どんな仕事をしてきたかを話す事によって、スキルの部分を見てもらう事ができます。

自分を採用するとメリットがあると言う部分を全く言わずに、職務経歴を話しただけでは、自分が損をする面接をしてしまったと言う事になります。アピールする時間を1つ逃してしまった事になるので、採用のチャンスを逃してしまう場合もあります。長々と話しをする事は避けなくてはなりませんが、少しであれば混ぜても問題ないでしょう。自分の話しをする際は、自慢話しになってしまう事だけは避けるようにしましょう。自慢話しは自分の印象を大きく下げてしまう事になります。
Copyright (C)2017面接をする時の心得。.All rights reserved.